ユータのまとめ

働く20代のビジネスマン向けに情報を発信(ニュース・読書・英語学習法)

【ニュース】時は大共有時代

皆さんこんばんは。ユウタです。

 

メルカリや、Uber,Airbnb等のモノを貸し借りするサービスが昨今流行っています。

https://id.nikkei.com/lounge/auth/password/proxy/post_response.seam?cid=978229

 

記事内容抜粋

中国の自転車シェア(共有)サービス大手、摩拝単車(モバイク)が日本に進出するという内容です。モバイクのサービスでは、利用者はスマートフォンのアプリを使って自転車を探し、その自転車に付くQRコードをスマホで読み取り解錠して乗ることができます。目的地で乗り捨てでき、チャットアプリ「微信(WeChat)」などの少額決済機能で支払います。この手軽さが受けているようで、記事によると、設立1年強で中国全土で500万台を展開しているそうです。

 

スウェーデンではリサイクルが当たり前で、人々の熱意も日本人と比べると段違い。同国で過ごす楽しみの一つは、そうしたリサイクルのウェブサイトを眺めることです。

ありとあらゆるものが出品されています。子供服、テーブルやイスなどの家具、キッチン向けの家電やテーブルウエア、時計、自転車など定番のアイテムから本当に「こんなもの売れるんだ」と感心する品物があります。

 

所感

中国のモバイクサービス、オモシロイですね。

「モバイク」のサービスは街で手軽に自転車に乗りたい方も多いので、日本でも流行りそうなんですね。

例えば、東京に旅行に来たフィリピン人の友人は「東京の夏は熱い。」と言っており、そうした方々には需要がありそうですね。

 

自動運転車の普及が個人向けに進めば、例えば高齢者向けだと、目的地を入力して、お金を投入すればそこまで連れて行ってくれるようなサービスも考えられます。

 

先進国のスウェーデンではリサイクルが当たり前なんですね。全然知りませんでした。

確かにアメリカのホームステイ先でリサイクルについて、こっぴどく言われたので驚いた経験があります。

 

「ある人が要らなくなった物を、それを必要な人に渡す」

このサイクルこそが環境問題でも重要ですね。

 

という事で僕もメルカリで要らない物を断捨離進めます。

それでは!!!!