ユータのまとめ

働く20代のビジネスマン向けに情報を発信(ニュース・読書・英語学習法)

【ニュース】中国規制 EVシフト迫る トヨタ量産へ、各社開発加速

皆さん、おはようございます。

ユウタです。

 

今日は以下記事について思う事を。

www.nikkei.com

 

記事抜粋

 

トヨタ自動車2019年にも中国で電気自動車(EV)を量産する検討を始めた。エコカー戦略として累計販売1千万台のハイブリッド車(HV)を軸に、水素で走る燃料電池車(FCV)を次世代の柱にしてきた。だが世界の新車市場の3割を占める中国では政府が環境規制や減税、都市でのナンバープレート取得でEVを優遇し、自動車メーカー各社はEVシフトを迫られている。

 

中国はEVなど環境負荷が低い車を「新エネルギー車」と定義し、早ければ18年以降に車メーカーに一定規模の生産を義務付ける方針トヨタは20年までの量産を目指してきたが前倒しを検討する。中国では人気の多目的スポーツ車(SUV)のEV投入を検討する。

 

中国は既にEV市場が広がりつつある。国際エネルギー機関(IEA)によると、新エネ車のEVとプラグインハイブリッド(PHV)の16年の合計販売台数は65万台で米国を抜いて世界最多となった。中国大手の比亜迪(BYD)は新エネ車の販売を16年に10万台規模まで増やしている。

 

所感

ここでのポイントは新エネルギー車を18年以降に車メーカーに一定規模の生産を義務付けるってとこですね。

車メーカーに一定規模の生産を義務付けた理由として、電池の価格が高いため、EV車の普及が進んでいないという背景があります。

 

一定規模の生産とは、2018年には電動車両の生産が全車両の生産台数の8%,2020年には12%となる予定です。

 

例えば、年100万台のEV車を生産するメーカーは8万台の車両を「新エネルギー車」とする必要があります。

 

この規制があり、トヨタは20年までの量産を目指してきたが前倒しを検討するとのこと。中国では人気の多目的スポーツ車(SUV)のEV投入を検討します。

 

今後、EV車量産に向けての流れが一段と加速します。

 

電子系エンジニアとして、技術をつけてEV車両関係の仕事にゆくゆく就く事が出来たら面白そうです。