ユータのまとめ

働く20代のビジネスマン向けに情報を発信(ニュース・読書・英語学習法)

【ニュース】首相、消費増税「予定通り」 19年10月に10%

皆さんおはようございます。私ユウタが朝のニュースをお届けします。 

www.nikkei.com

【記事抜粋】

 安倍晋三首相は5日の読売テレビ番組で、2019年10月に予定されている消費税率の10%への引き上げについて「予定通り行っていく考えだ」と述べた。財政健全化についても2020年度の基礎的財政収支の黒字化と政府債務残高の国内総生産(GDP)に対する比率の引き下げとの「2つの目標に向かってしっかりと経済運営を行う」と語った。

 消費税率の8%から10%への引き上げは当初15年10月に行う予定だったが、政府は経済情勢を理由に二度にわたって先送りしている。

 憲法改正を巡っては「今後は(自民)党にお任せする。日程ありきではない」と重ねて強調。衆院解散・総選挙で与党の議席が3分の2を割ると憲法改正の発議が難しくなるとの指摘には「まず与党で案を考えなければいけない。同時に野党も含めてできるだけ多くの多数派を形成する努力を重ねなければならない」との考えを示した。衆院解散に関しては「頭の中は真っ白だ。まず経済の再生で結果を出し、国民の信頼を回復しなければいけない」と述べた。

【所感】

2019年には消費増税8%→10%に行われるとの事。消費増税が2度延期されて皆さん忘れていたんじゃないですか?

 

 

2020年の東京オリンピックに向けて財源確保の目的もあるんでしょうね。

東京オリンピックが始まれば、消費増税による景気減退の影響も雇用の増加で軽減されるでしょう。

消費税と税収の関係について気になったので、調べてみました。

www.garbagenews.net

 

このページで述べられている事を大きく分けて2つに解釈しました。

➀最初のグラフを見て頂くと分かるように、消費増税をしても一般会計税収は大して変わりがないという事。

➁消費増税をすると消費税収は上がる。これは当たり前ですよね。

➀,➁を組み合わせて考えると消費増税したにも関わらず、政府は上手く税金を使えていないのではないだろうか。という事です。

 

ここで新たなワードが出てきます。一般会計税収とは何か?

biz.moneyforward.com

 

一般会計収入を一言でいうと、公共投資社会保険給付費用など、通常の行政事業の範囲で毎年必要となるような経理です。

歳入としては、所得税や消費税などの税金がこれに当たります。

参考にしたデータ群

消費税新設直後における「景気が良かった」を明確にするため、一般会計税収推移のみ・消費税税収のみそれぞれと、各年度の年度終日における日経平均株価(2016年度は数字取得日前営業日の終値)の推移を重ねたのが次のグラフ。景気を表す指標は各種存在するが、日経平均株価が一番身近で分かりやすく、さらには税収とも深い関係があるため、今回グラフに採用した。

↑ 一般会計税収推移(兆円、右)と各年度終日日経平均株価推移(円、右)(-2016年度)
↑ 一般会計税収推移(兆円、右)と各年度終日日経平均株価推移(円、右)(-2016年度)

 

↑ 消費税税収推移(兆円、右)と各年度終日日経平均株価推移(円、右)(-2016年度)
↑ 消費税税収推移(兆円、右)と各年度終日日経平均株価推移(円、右)(-2016年度)

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。